お客様N(12)|ペニバン

その瞬間エリカが、伊藤をあしげにした。
ハイヒールをはいた足で伊藤の肩あたりを突き飛ばした。

「ひええっ」

「誰がそこまでやれと言った!」

伊藤はうずくまった。

「立ちなさい」
エリカが言うと、伊藤はおどおどしながら立ち上がった。

「これは何」

エリカがつま先で、伊藤の胯間をさした。
ズボンの布が突っ張り、そこは高々と突き出ている。

「は、いや、あの……」

「これは何なの!?」
エリカがハイヒールで、伊藤の胯間をやや強めに押した。

「はうぅん、ああんっ」
伊藤は両足をぎゅっと閉じてもだえた。

「あなた、自分の立場が分かってます? 罰を受ける方が気持ちよくなってどうするんですか」

「いえ、あの、決してそのような」

「脚を揉ませて終わりにしようかと思っていましたが、気が変わりました。さあ、ここを舐めなさい」

エリカがハイヒールを脱ぎ、足を投げ出した。

「は、はい」

伊藤は飛びつくように床に手をつき、エリカの足を舐め始めた。
足の指を1本1本丹念に、指の間まですみずみの部分を舐めていく。

「はぐ、はぐう」
伊藤の目がうつろになっていく。

エリカはアイマスクのSMart JOINT_002を出し、伊藤の顔にはめる。

「そこまで。立ちなさい」

伊藤が、名残惜しそうにエリカの足の指から口を離す。

「服を脱ぎなさい。全部」

「は……はい!」

伊藤の顔はアイマスクに覆われているが、どうやらもう恐怖は感じていない。
業務上の罰として服を脱げと言われることの不可解さは、もはや脳裏にないのだろう。
むしろその顔は、脱げと言われて喜々としているようだ。

目隠しをした伊藤がスーツを脱ぐ間、エリカもスカートとパンティーを脱ぐ。
そして、買っておいたペニスバンド「アナルパートナー」を下半身に着ける。

「今から最後の罰を与えます。四つんばいになりなさい」

「はい!」
待っていたというように、伊藤が床に手をつく。

エリカはローションを手につけると、伊藤の尻の穴をいじる。
最初は柔らかく、徐々に強く。

いじられるたびに、伊藤が歓喜の声をもらしてのけぞる。
すでに伊藤のペニスは、腹につきそうなほどカチカチに固くそっている。

「では受け取りなさい。最後の罰を」

「はうあっ! あ・あ・あ……」

ペニバンがゆっくりと、伊藤の尻の穴に飲み込まれていく。

体勢としては当然ながら、男女のセックス時の後背位と同じである。
エリカが腰を動かし始める。

「ああんっ、女王様、いい、いい」

快感にあえぐ伊藤を見ながら、別室の成田はやはり「これだ」と思っていた。

成田は自分の中にM性があるとは、今まで考えたこともなかった。
しかし体は正直だった。

今、その陰茎にはDVDを見た時以上に血が流れ込んでいた。
そして伊藤への羨望の気持ちが湧き上がるのを、抑えることができなかった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ