3.更衣室の情事

junkyouju3悦楽に溺れながらも隆治の興奮に気がついた麻耶は
しなやかな足を隆治の股間に伸ばし探った。

隆治のペニスは堅く下腹部にぴたりとつくほどに立直している。

「どうしたんだ? こんなに勃起させて……。 イヤラシい犬コロ以下だ」

摩耶の眼に冷たい光が戻った。
そして心の奥から嗜虐嗜好が沸き起こり
ゾクゾクするような快感が摩耶の全身を包んでいく。

ゆっくりと麻耶は道着の紐をときはだけた。
白い二重織りの厚い布地が左右に開かれると
細身の躰には不釣合なほどの豊満な胸が飛び出してきた。

「あぁぁぁん……、あぁぁぁん……」

悩ましい声をあげながら、
麻耶は自分の胸を両手で揉みしだき始める。

外側から円を描くように量感溢れる肉球を寄せるようにすると
白い塊が盛り上がってきた。

快楽の海を漂っているのか、
摩耶の腰はクネクネを前後左右にうごめいている。
そしてその中心には隆治の頭が貼り付いている。

麻耶は腰を上げて、片脚をベンチに載せる。

大きく開かれた両肢の間にうずくまっている隆治。
彼のは秘腔に差し込まれ挿入出を繰り返していた。

摩耶の花弁からは熱い白濁液が吹き出してきた。
秘孔の奥からドクドクと湧いてくるのだ。

樹液を口でこぼさないように口で吸い上げる隆治は
鼻先で真っ赤に膨れあがった陰核をグリグリと擦りつけると
摩耶の腰の動きが激しくなり、やがてビクンビクンと痙攣を始める。

「い、い、イクッッ……いくぅぅぅ」

涕泣と共に秘腔からおびただしい潮を吹き出した麻耶は
ガクッとベンチに腰を降ろす。

摩耶は満足した表情で
股間を丁寧に舌を使って清めている隆治を眺め、
再び脚を隆治のペニスに伸ばす。

先ほどよりも硬度も角度も増して、
先端からはジワジワとカウパー汁がにじみ出ている。

「お前も満足したいのか?」

摩耶は冷たい声で訊ねると、
隆治は眼を合わせることなく頭を下げて己の要求を訴える。

「ちゃんとおねだりしなさい!」

叱りつけるように言うと、
慌てて「お願いします」と小さな声で懇願する隆治。

右足で隆治の男根の裏筋を撫で上げ、
左足は陰嚢を軽く弾く様に刺激する。

隆治は一気に官能の坂道を駆け上っていった。

「さあ、オマエの薄汚い白濁液を出しておしまい!」

足の指で隆治の男根を挟むように激しく撫で上げると、
隆治は鳴き声を上げて射精する。

熱い噴射を足に感じると、
摩耶はまんざらでもない表情を見せた。

「オマエの汚い排泄物が私の脚にかかったではないか! キレイに舐めなさい」

そのまま足に着いた精液を隆治に舐めさせる。

事後処理が済むと麻耶は全裸のままでロッカーに進み、
なにやら小さな包を取りだして、
正座して指示を待っている隆治の元に戻ってきた。

「隆治、良いものをあげるわ。立ちなさい」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ