甲府盆地の暑い夏 あらすじ

kofu-arasuji全国紙の新聞記者として、東京で敏腕を振るっていた阿川寛二。

働き盛りの彼を、EDという衝撃が突然襲う。

同じ時期に仕事で失敗した阿川は、
山梨県の支局へと異動。

社内での評判が悪かった阿川は、
支局でも不遇の扱いを受ける。

失意の日々を送る阿川は、
中学校教師の美智と出会う。

二人の気持ちはすれ違いをしながらも、
徐々に近づいて行く。

しかし阿川はED
性機能回復の努力はしているものの、
なかなか結果は出ない。

自分を抱こうとする素振りも見せない阿川に、
美智は少しずつ不審の念をつのらせていく。

甲府盆地の夏はいつも暑い。

雄大な山々に囲まれた盆地は、
今年もその暑さが盛りを迎えようとしていた……

甲府盆地の暑い夏

サブコンテンツ

このページの先頭へ