春をひさぐ女 あらすじ

haruwohisagu-arasujiバイトを探していた里香は、
スカウトマンの純に誘われてイメクラに勤め始める。

リピーターも付くようになり、
私生活でも純と同棲をしはじめ、
充実した日々を送る。

同じ頃、純の愛奴としての
里香への調教も始まっていた。

その後、30歳を過ぎた頃から、
若い子たちに押され、
イメクラでの里香の人気は徐々に落ちていった。

そこで、純は
熟女専門のデートクラブへと里香を転がした。

純は、デートクラブからのギャラのうち、
必要最低限の金額だけを里香に渡し、
残りは自分のホストクラブを開くための資金に充てていた。

やがて、ホストクラブが開店すると、
純は、客の一人である女性実業家と結婚。

それでも純は、あいかわらず里香の体を求める。

愛奴として従ってきた里香の体は純を拒むことができなくなっていた。

春をひさぐ女

サブコンテンツ

このページの先頭へ